ハイヤーはどんな場面で使えるのか

普段タクシーを使うことはあってもハイヤーを使ったことはない方の割合は多いですが、ハイヤーの魅力を知れば何かの機会に使ってみたいと思うはずです。タクシーは街中を走っており、空車であれば手を挙げてタクシーを止めて乗車することができます。これにたいしてハイヤーは、街中を空車のまま走ることはなく、事前に予約をして車を手配します。基本的に二つはシステムが違うので、街中を走ることがないハイヤーを使う方はまだまだ少ない傾向にあります。

ハイヤーをこれまで使った経験がない場合、どんなメリットがあるのか知ることで視野が広がることでしょう。予約をすることが必須なので、あらかじめ予定を立てて車を使いたい日時に予約を入れて、利用時間やサービス内容などを相談できます。また、重役のような方たちを送り迎えするために使われることも多いのが特徴的です。ハイヤーのドライバーはマナーや話し方などの指導も徹底していますし、ドアの開け方ひとつにしても最上級の接客を受けることができます。どのような立場の方が乗客しても、快適な空間で素敵な時間を過ごすことができるのも大きなメリットと言えます。

そのほかにも、専属で契約することで定期的な利用も可能となっています。専属なので、ハイヤーの空き状況を考慮してスケジュール調整をしたり、利用したい日に利用できないか複数社へ問い合わせたりする必要はありません。社用車を使用するという手もありますが、社用車は社員が運転しなければなりません。しかし、ハイヤーに依頼することによって本来運転するはずだった社員の稼働を割く必要はなくなります。つまり、運転をドライバーに任せることで、社員は別の仕事ができるようになるのです。

これだけではありません。ビジネスにおいて使う場面がすべてだと思い込んでいたのではもったいない話です。実はビジネス以外にも、一般的に私用で使う人が徐々に増えています。例えば、観光地に足を運んだとき、公共の乗り物ではなくハイヤーを使う観光客も多いのです。これには様々なメリットがあり、観光地で手配するなら地元に詳しいドライバーが担当するわけですから、言わずと知れた有名な観光地だけでなく、地元の人が知る穴場スポットを教えてもらえる可能性もあるわけです。

雑誌やインターネットではまだ知られていないような場所に案内されたら、ちょっとお得な気持ちになりますし、ほかの観光客でごったかえすようなこともありません。タクシーと違ってハイヤーは時間制で契約するので、観光地で買ったお土産をそのまま車内に乗せたまま、別の観光地をゆっくり巡ることもできます。