ハイヤーの魅力的な利用方法とは

ハイヤーのイメージとは、高級な車両が使われている、乗客は会社の役員などの重要なポストの人といった印象があります。実際に、ハイヤーに使われる車は、国内だけでなく海外でもハイグレードであるものが用いられていて、革張りの座席は乗り心地も良く、快適な空間の中で移動が可能です。そのため、会社単位で契約を行い、社長などの出退勤や移動の場面で使われているケースは多くあります。ほかにも各界のVIPの利用や、官公庁に訪問する際などに使われることも多々あります。ハイヤーはこのように、個別で利用できる移動手段であり、上級の乗りものというイメージに間違いはありません。

一般の人が利用するには手が出ない乗り物という印象の強いハイヤーですが、実は最近では身近な移動手段として利用するケースが増えつつあります。たとえば、空港への送迎での利用です。海外への出張や旅行の際は荷物も増えますし、移動の時間も変則的で、深夜や早朝である場合が少なくありません。そのため公共の交通機関ではなく、自家用車で行く人も多いですが、そうすると駐車場代がかさんでしまうなど、何かと不便です。ハイヤーを利用すれば、空港の入り口まで送ってもらうことが可能で、移動が楽になります。ハイヤーは完全予約制という利用方法がベースであり、自宅から出発する時間も、空港への迎えの時間も事前に指定できるため、自分で運転したり乗り遅れる心配がありません。

他にも、大勢で移動する必要のある冠婚葬祭の移動時に利用するのもおすすめです。ドライバーは運転技術もありますし、おもてなしのある接客をしてくれため、付加価値のあるサービスに満足できるはずです。目的の場所への送迎以外にも、需要が高くなっているのが観光での利用です。点在する観光地を回る場合も小回りが利きますし、少し離れたところにスポットがあるときにも便利です。ハイヤーの会社によっては地域の観光を推進する取り組みをしているところもあって、定番のコースや食に特化したコースなど、利用者が求める内容が多様にそろっています。

中にはハイヤーとタクシー業務を兼務している会社もあり、ハイヤーと同じ利用の仕方で、タクシーの様に手軽に使えるサービスを展開しています。例えば、日本の社会に合わせたものとして、福祉利用があります。UD研修を受講したドライバーが専門の知識をもって運転してくれる点が安心ですし、適切な対応を期待できます。他にも病院からの退院時や、妊婦さん、子ども連れの方が病院へ移動する際などに依頼が可能です。