ハイヤーはビジネスシーンで大活躍

ハイヤーはただの移動手段としてではなく、その移動時間を高級感溢れる、贅沢な時間へと変えてくれる乗り物です。ハイヤーのドライバーは洗練されたプロで、高級感は車両だけではなく、接客やおもてなしからも感じられます。

そのようなハイヤーを利用する場面の一つは、大切な方の送迎です。来客の送迎または営業車としても活用でき、丁寧かつ迅速に目的地まで連れて行ってくれます。来客の移動に、公共交通機関を利用させず、移動時間から贅沢に歓迎しているのを伝えるのは大切です。快い歓迎として満足してもらえるでしょう。もしも社用車を利用して送迎をするのであれば、誰かが運転をしなくてはなりません。運転手に選ばれた社員は、普段より緊張しながら運転をすることになりますし、会話に集中出来ません。そうなると、おもてなしどころでは無くなってしまいます。そのため、ハイヤーに乗車している全員が広々とした車内で心身共にリラックスすることが大事です。

勤務以外だと、ゴルフコンペ等のイベントでも活躍します。ゴルフを行う際、参加者それぞれがゴルフバッグを持ち寄るため、その荷物を積める車両を用意しなくてはなりません。また、荷物が入らないから各々が自家用車を運転して来なくてはならない場合もあります。そうなると、せっかく盛り上がったゴルフコンペだとしても、打ち上げなどでアルコールを飲むことはできません。

更に、各参加者が渋滞等によって遅刻してしまうと当日のスケジュールが思うように進まなくなります。そういった問題を回避出来るのがハイヤーです。ハイヤーの会社によっては、様々な車種を用意しています。ゴルフバッグを人数分詰めるサイズの大型車両を選べば、一度に大人数も乗れて幅を取るゴルフバッグも楽々詰め込めます。このように参加者全員を安全に一括で移動させることが出来れば、主催者も無駄な心配をせずに済みます。参加者一人一人に会場までの道案内をする手間が省けて、当日はもちろん前もって指揮をとる事が簡単です。

ハイヤーは人数によって値段が変わるのではなく、一台につき利用時間で料金を設定している店舗が多いです。このため、利用台数が少ないほどお得ですし、その中に会社にとって重要な客がいたとしても、高級感溢れるハイヤーであれば何も問題はありません。もし仕事の話をすることになったとしても、プライベートな空間となるため、周りの乗客等を気にせずに好きなだけ自由に話せます。